退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

カナディアンカヌー作り第40回 ~ガンネルのFRPコーティング~

2021.05.24

名栗湖をのぞむカヌー工房に新緑の季節がやってきた。H2O Styleのクルーたちがカヌー制作を始めてから3度目を数えるこの季節。カヌー工房の近くの山には猿の親子やカモシカも姿を見せるようになり、1年で一番気持ちの良い時期を迎えている。作業を開始してから3年目、時間はかかったがカヌーの姿もかなり完成形に近づいてきた。残すところの作業もあとわずかだが、残りの工程を全力で楽しみながらこなしていきたい。

気温も高く絶好のFRPコーティング日和!

前回はガンネルの側面と下部の成形を行った。前回予想していたとおり気温も上がり、天気もいいということで午前中は割れた部分の磨きを仕上げつつ、ガンネルのFRPコーティングを施工することになった。FRPコーティングは時間との勝負だが、クルーたちが好きな作業なので、進行もスムーズにいくはず!?

ミニサンダーを使いつつ時には手動で研磨し、ガンネルを成形した前回。ガンネルの一部が割れてしまうトラブルもあったが、予定通り、本日はFRPを施工することになり作業は滞りなく進んでいる。

◆天気にも恵まれ、いざガンネルFRPを施工

ガンネルFRP施工の前に、前回の研磨時に割れてしまった部分を削って成形する。最初はミニサンダーで面をならしていく。

ミニサンダーのあとはサンドペーパーを使って手動で面を整えていく。削った後はもちろん角をとることも忘れない。

まずは、どのようにガンネル部分のFRPコーティングをしていくのかを、副工房長の山田さんにレクチャーしてもらう。

山田さんによるとタテ10cm、ヨコ20cmのガラスクロスをガンネル部分に当てて、溶液を塗りコーティングしていくので、まずはガラスクロスのカットからはじめる。

ボディのFRPコーティングを施したガラスクロスの端布を上記のサイズにカット。左右両側で使用するので50~60枚ぐらい必要……など考えながらカットする。

1枚目は山田さんに見本を見せてもらう。ガラスクロスの下端をガンネルの下側の端にそろえて当て、ガンネルの下部になる面(現在はカヌー自体を反転しているので現在は上部)とボディ部分の5cmほどをFRPでコーティングする。

ここからは自分たちの手で。まずはガンネルの側面に溶液をつけ、ガンネルとクロスの下をそろえる。その後、ガンネル下部面、ボディという順でコーティングしていく。コツは最初にガンネルに溶液をつけておくこと。そうすれば、クロスがくっつくので貼りやすいのだ。

慣れてくるとスピードも上がってくる。ただ、今日は気温が高かったので溶液がすぐにドロドロに固まってしまってかなり苦労した。

二人がかりで40分ほどかけて両側のコーティングが終了した。この気温だと午後はコーティングが固まるので、再度、重ね塗りを施していく予定だ。ここでちょうどお昼の時間に。

◆午後はコーティングの重ね塗りとパドルを削る作業

今年の初めに工房の看板犬、リンゴちゃんが虹の橋を渡ってしまいました……。この日は新たな看板犬、あんずちゃんが! モフモフしていて本当に可愛い! これからもヨロシクね!

午前中に施したコーティングは乾いているが、クロスの素材感が目立っている。これを重ね塗りすることで、表面をツヤツヤにしていく。

FRPコーティングの溶液を作っていく。ポリエステル樹脂を100に対して、硬化剤を1の割合で溶液を作る。

硬化剤を入れたら、よくかき混ぜる。このかき混ぜが足りないと、すぐに溶液がドロドロになってしまうのだ。

重ね塗りしていくだけなので、作業はあっという間に終了。集中して作業したのと気温が高かったせいか、のどがカラカラに。これからは熱中症にも注意せねば……。

今日の名栗湖は水位も高く、カヌーを漕ぐのも気持ちいい気候。自粛していたカヌーもついに解禁になったので、乗りたい人は工房で予約しよう。

FRPコーティングの重ね塗りが終了したので、着手していなかった2本目のパドルを削ることに。まずはグリップ部分から。

グリップは文字どおり、握る部分なので手に馴染むように面を削っていく。まずはディスクグラインダーで大まかに削る。

ディスクグラインダーである程度削ったら、今度はミニサンダーで表面を整えていく。

柄の部分も円形に成形する。ミニサンダーを当てて、パドルの柄を転がすようにして削ると自然に円形に成形されていくのだ。そうこうしていると作業終了の時間に。

◆今日の作業はここまで!

ガンネルFRPコーティングは気温が高かったおかげで、重ね塗りまで進めた。よく見ると厚く塗られているのがわかる。

パドルの握る部分のくぼみも自然な形状に削れて、いい感じに仕上がった。上出来だ。

今回はガンネル部分のFRPコーティングをメインに、空いた時間でパドルを仕上げていった。どんどん細部が仕上がっていく様をみると、あと少しで完成してしまうんだ……と少し寂しい気持ちになってしまう。ただ、副工房長の山田さんから話を聞くと、まだまだ着手しなければいけない作業も多いことが分かった。今年の秋には完成させたいと目論むクルーだったが、もしかしたら秋には間に合わないかもしれない……。焦りを覚えつつ、次回もスマートに作業しようと心がけるクルーたちであった。第41回へ続く。

作業の様子をYouTubeチャンネルでCheck!

 

カナディアンカヌー作りのコーナー(過去記事)はこちらから!

◆カナディアンカヌー作り
http://h2o.tokyo/tag/make_canoue/

 

STAFF CREDIT
Photography:Ren Kanai
Writing:Yasuyuki Ushijima
Movie Photographer:Ren Kanai

Contents RELATED