退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

H2O Farmで野菜作り!
~今年もまた命懸けの草取り~

2020.10.09

真夏を迎えた「H2O Farm」は、今年もやっぱり雑草の勢いが凄まじい。そこで草取りを敢行しないといけないのだが、これがほとんど命懸けの作業。炎天下のなか、熱中症との戦いとなる。

大汗をかいて雑草と格闘

夏の雑草は遠慮がない。スイカの畝まわりにびっしりと生い茂っており、スイカのツルが視認できないような状態だ。
とうわけで今年も炎天下の草取りデイがやってきた。本来なら早朝や夕方に作業すべきなのだろうが、どのメンバーも「H2O Farm」の近くには住んでおらず、作業はどうしても太陽がさんさんと輝く日中となる。午前中とはいえ気温は軽く30℃を超え、ちょっと体を動かすだけで全身から汗が吹き出してくる。

スイカの畝にはマルチを張っているので、雑草は侵入できない。が、畝の周囲に所狭しと生い茂り、畝からはみ出したツルを覆ってしまっている。

身長を越えるような雑草もあった。罰ゲームのような重労働である。

せっせと雑草を刈り取りつつ、スイカのツルを畝方向に戻してやった。

高気温のせいで汗が止まらず、パンツまでびちゃびちゃに……。ときどき日陰に避難しながら、こまめに水分を補給しながら作業を行った。「もうちょっと進めてから休憩を……」という考えが命取りとなるので、炎天下では自分に甘いぐらいでちょうどいい。

受粉したと思しき実がちらほらと

草取りを終えてすっきりとした畝を確認すると、あちらこちらに受粉したと思しき雌花、つまり実が……! 大きく育つとは限らないのでまだ勝利宣言はできないが、実がなることはなるようだ。今後はネットで鳥対策をしたり、追肥をしたり、丁寧にケアを行っていく。

実がこのサイズになっているなら、おそらく受粉したと思われる。

ピンポン玉大に育っているものもあった。どこまで大きくなるか楽しみ!

草取りの数日後、嬉しい知らせが……!

草取りからほんの数日後、我々の面倒をみてくれている『ひより農園』さんから連絡が。スイカの成長がスピードアップしているようで、大きなものは野球ボール並になっているとのことだった。

『ひより農園』さんから送られてきた写真。葉っぱのサイズから推察すると、すでに野球ボールほどになっている模様だ。急いでスイカの保護を行う必要がある。

 

◆お世話になっている『ひより農園』さん

埼玉県飯能市の「メッツァビレッジ」内、ひより農園直営ショップ「VEGE TOWER(ベジタワー)」では新鮮な固定種野菜を販売。無農薬、化学肥料不使用のこだわり野菜をどうぞ。
「VEGE TOWER(ベジタワー)」
https://metsa-hanno.com/guide/167/

ひより農園公式サイト
http://hiyori-farm.goodplace.jp/

 

STAFF CREDIT
Photography:H2O Style
Writing:Minoru Akiba
Special Thanks:HIYORI-FARM

Contents RELATED