退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

H2O Farmで野菜作り!
~第9回・畑の引っ越し!?~

2019.07.15

前回、ラディッシュの生育がいまいちだった「H2O Farm」。このままでは他の作物も収穫が期待できないかも……という状況に陥っていた。そんななか、我々を指導してくれている『ひより農園』さんから思いもしない提案が……!

まさかの引っ越し提案

埼玉県飯能市に位置する「H2O Farm」には、存続の危機が訪れていた。トライアルで植えたラディッシュの収穫量が芳しくなく、他の作物も収穫が難しいのではないかと危惧されるのだ。そもそもラディッシュは和名で「二十日大根」。早ければ20日程度で収穫できるはずなのだが、H2O Farmでは収穫まで3カ月近くもかかった。

前回、収穫したラディッシュ。種を植えてから3カ月弱かかった上、選別すると8割ほどが食べられるものではなかった。

そんな折、我々に野菜づくりを教えてくれている『ひより農園』の白土さんから、驚きの提案がなされた。「引っ越しませんか?」と……。なんと他の場所にもH2O Farmの候補地があり、今のうちに引っ越しをしてしまう方が無難であるとのこと。畑の引っ越しなんて聞いたこともないが、我々は白土さんに絶大な信頼を寄せている。白土さんの提案に従い、ジャガイモを除いて畑の引っ越しをすることにした。

こちらが新天地。今までのH2O Farmから歩いて数分の場所にある。野鳥の鳴き声が聴こえてくる、気持ちのいい場所だ。

野生動物の足跡が確認された。こちらでもイノシシ対策は必須だろう。

旧H2O Farmから作物の苗を運んで植え付けよう。引っ越し作業開始!

まずは苗を移動させる

旧H2O Farmから野菜の苗を抜いて、新しい畑に運び込んだ。これから気温が高くなって降雨量が増えると、苗は一気に大きくなる。引っ越しをするなら今のタイミングしかなかった。不作だったラディッシュと水菜のおかげで早期決断することができたのだから、試しに栽培してみて本当によかったと思う。……もちろん、新しい畑だからといって大収穫が保証されるわけではないが、引っ越しまでやった上での不作なら、悔いは残らないだろう。

旧H2O Farmから運んだトウモロコシの苗を並べていく。まずざっと並べてしまい、そのあとで一気に植え付けていく作戦だ。

こちらは枝豆、ジグザグに植える予定なので、そのように並べる。

ナスは旧H2O Farmからではなく、ハウスから。ポットで順調に育ってくれた。

配置完了。そこそこに骨を折れる作業だった……と思ったが、これからが本番である。

水を注いで植え付け

近くを流れる小川からポンプで水を汲み上げ、マルチの穴に注いでいく。すべての穴というわけではなく、苗が植え付けられる穴だけでOK。ホースが苗をなぎ倒してしまわないように、協力プレイで!

マルチの穴にホースで水を注ぐ……と言うのは簡単だが、これが案外難しい。リズムよく穴から穴へと移動しつつ、正確に狙いを定めないといけない。

1人はホースを持つ係、もう1人は水を注ぐ係。

ハウスから運んだナスは、ポットに直接水を注入。

水を注いだ穴に、苗を植えていく。マルチの存在により、苗を植え付けるのがとても難しく感じられた。白土さんに教わった通りにやってみるが、慣れるまではマルチを破いてしまわないかドキドキ……。

マルチの穴をぐいっと広げつつ、苗を植えられるだけの穴を掘る。力を加減しないとマルチが破れてしまいそう。

掘った穴に苗をはめ込んで、周囲の土をかぶせる。この「周囲の土」がマルチの向こう側にあるので、素人には難しかった。

黙々と植え付け作業中。そろそろ帽子をかぶらないと危険な季節である。近く麦わら帽子を買いに行こう。

植え付けが完了。いちいち腰を落とす作業なので、足腰が……。

手袋は泥だらけに。しかしゴムコーティングの頼もしさを実感できた。

新作物も登場!

最初の方でも触れたが、ジャガイモは土の中で育っている真っ最中なので、引っ越しさせることはできなかった。そこで代わりと言ってはなんだが、サツマイモを植えることに。それでもスペースに余裕があったので、インゲンと万願寺とうがらしも追加で植えてみた。活動開始時は栽培する作物をしっかり決め、予定を立てて……などと考えていたが、自然が相手でもあるし、アドリブをガンガン入れていった方が楽しくなりそう。

サツマイモを植え付ける。サツマイモの植え方は初めて知ったのだが、これが実に面白い。種芋を植えるのではなく、ただの茎にしか見えない苗を、土に挿し込んでいく。

まずそのへんで拾った棒を、土に斜めに突き刺します。

そうしてできた穴に苗を挿し込み、上から土に圧力をかけて完了。

インゲンは種を直まき。豆類なので、きっと手間いらずで育つはずだ。他に万願寺とうがらしも植えた。

引っ越し完了!

こうして畑の引っ越し+αが完了した。白土さんに引っ越すことを提案されたときは「そんなんアリ!?」と思ったものだが、考えてみたらハウスで育てた苗を畑に植え替えるのと、作業自体はそんなに変わらない。実際、ナスはこの日にハウスから畑に移した。というわけで生まれ変わったH2O Farm、今後の展開をお楽しみに!

ドローンで撮影した全景。作物の緑が眩しくなってきたころに、再びドローン撮影で変貌を披露したい。

 

◆お世話になっている『ひより農園』さん

埼玉県飯能市の「メッツァビレッジ」内、ひより農園直営ショップ「VEGE TOWER(ベジタワー)」では新鮮な固定種野菜を販売。無農薬、化学肥料不使用のこだわり野菜をどうぞ。
「VEGE TOWER(ベジタワー)」
https://metsa-hanno.com/guide/167/

ひより農園公式サイト
http://hiyori-farm.goodplace.jp/

 

STAFF CREDIT
Photography:Hiroyuki Tomimori、H2O Style
Writing:Minoru Akiba
Special Thanks:HIYORI-FARM

Contents RELATED