退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

明日どこ行く? 何を釣る? フライフィッシング体験記 12
マルタウグイ、それは渓流釣りのシーズン開幕を告げる魚

2019.04.30

好きこそ物の上手なれ! フライフィッシングに心を魅了されたOVER30(オーバーサーティ)の釣り日記。実際に釣りにいった釣果報告はもちろん、ギア紹介やフライ作り(タイイング)まで四季を通してフライフィッシングの魅力をお伝えしていきます。

待ちに待った渓流釣りのシーズンが遂にスタート!

春が近づくと渓流シーズンの開幕を予告するように釣れる魚がいる、それが今回紹介する魚で2月末頃から遡上を始めるマルタウグイ。この魚の遡上が始まるといよいよ桜の開花と待ちに待った渓流シーズンの到来です。

海で生活を終え産卵の為に遡上、浅瀬で産卵をし一生を終えると言われています。遡上といえば鮭を思い浮かべる人も多いかと思いますが、そんな魚が身近に居るなんて僕自身も去年まで知りませんでした。遡上する姿を動画で撮影してきましたのでその圧巻の風景を観てください、生命力と自然の力を感じると思います!

去年はあと少しのところでバラシてしまったマルタウグイに今年は万全の体制で挑みました。他の釣りもそうですがシーズンのある魚でタイミングを逃すと、次にチャレンジできるのが1年後だったりしてしまいます。それだけに河川の状況は頻繁にチェック! そのかいあって最高の一日、まさにTHE DAYを迎えることができたのです。

海で大きく育ったマルタウグイは強烈なパワーで引きます、そこで今回は強めの道具立てで挑みましたが、正解だったようです! マルタウグイの強烈なパワーに負けることなく、無事釣り上げることができました。
また来年、マルタウグイ釣りが出来る事を楽しみに渓流シーズンへと突入です。

桜の開花宣言が、渓流シーズンのスタートのアナウンス!? 長かった禁漁期間が終わり、渓流釣りが遂に解禁!

遡上も常にしているわけではないマルタウグイ。姿をまったく見られないこともあるだけに、この日は最高の一日に巡り合ったと言えるでしょう。

今回のフィールドは東京~埼玉を流れる柳瀬川。

水生昆虫を模したフライで挑みます!

とてもきれいなオレンジ色の婚姻色。

なかなか良いサイズのマルタウグイを釣り上げることができました! 

 

富森浩幸(トミモリ ヒロユキ)
フォトグラファー。アパレルのカタログを筆頭にファッション誌やライフスタイル誌まで幅広いジャンルで活躍中。フライフィッシングに出会い“趣味に生きる愉しみ”に目覚めたとか。

Contents RELATED