退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

夢は『H2O Style』村!? H2O Farm誕生!!
~第1回・畑をはじめよう~

2019.02.15

2018年、スタッフの1人が「一畳菜園」という企画をやってきた『H2O Style』。他のメンバーも参加できるような、もうちょっと大きな畑をやりたいと計画していたところ、知り合った人たちの協力で実現することに! 場所は埼玉県の飯能市、今度の畑は超スケールアップ! なんと約194畳だ!!

自然豊かな飯能市に畑を!

OVER30(オーバーサーティ)になって土いじりや野菜づくりに興味を持つのは、ありがちな心境変化だ。『H2O Style』では「一畳菜園」という企画をやってきたが、もっと人数をかけ、もっと規模の大きな農園をやりたいという思いがあった。そんな折、無農薬での野菜づくりで知られる『ひより農園』さんが協力してくれることに……! 飯能市に『H2O Style』の農園、「H2O Farm」をつくることになった!

さまざまな人たちのご尽力により『ひより農園』さんと知り合うことができ、飯能市にH2O Farmを開設する運びとなった。さらに今後、『ひより農園』の白土さん(中央右)が初心者の我々にアドバイスをしてくれることに。ありがたすぎる!

場所は埼玉県飯能市。空気が澄んでおり、空の青さが都内とは違う気がする。

この一角がH2O Farm予定地。面積は約320平米。畳でいうと約194畳だ。

まずは土地の開拓!

◆草を取る!

しばらく放っておいた土地ということもあり、まずは雑草を除くことが必要。冬なので目立ちはしないが、よく見ると茶色く枯れた雑草が地面を覆い尽くしている。小型エンジン式の草刈り機で刈り取ることに。

白土さんがエンジンのかけ方から丁寧に指導してくれた。

円状の刃が回転して雑草を刈る。扱いには充分な注意が必要だ。

スタッフが草刈り機を装備。ベルトを肩に吊るして使用する。

最初はへっぴり腰だったが徐々に慣れ、サクサクと刈り進んでいく。

目立つ雑草を刈り終えたら、次は土を掘り起こして根っこを浮かせる。『ひより農園』さんがマメトラという機械を用意してくれていた。ネーミングからすると小さいトラクター的な存在なのだろう。恥ずかしながら初めて知った。

そうそう、農業機械といえばコレだね!……といった赤と白のカラーリング。ローター部分が土を掘り起こし、ガンコな雑草の根っこを浮かせて無防備な状態にする。

草刈り機と同じように白土さんがエンジンのかけ方から指導してくれて、さっそくスタッフが挑戦。マメトラは小さいボディながらパワフルで、硬く締まった地面をグイグイと掘り起こしていく。そうして露わになった根っこを、後日、レーキで取り除くというわけだ。

ギアチェンジやクラッチ操作があり、草刈り機に比べて扱いは難しい。

最初はおっかなびっくりだったが、慣れてくると操作自体が面白くなってくる。

マメトラが通ったあとは畑感のある土の色に……!

H2O Farmの予定地は、約320平米。全体を掘り起こすのは、マメトラの力を借りてもなかなか骨が折れた。気温は8℃、北風が吹きすさぶ寒空の下、何度も何度も往復を繰り返す……。

だいぶマメトラの操作に慣れ、華麗にターンを決めるスタッフ。

まだ草取りの段階だが、地面が畑っぽいビジュアルになってきた。

途中で給油する一幕も。白土さんが頼りになりすぎて惚れそうである。

ローターが外れてしまった。地面がとても硬い状態だったことを物語る。

2時間程度の作業により、H2O Farmの予定地は全体が掘り起こされた。この状態で日にちを置くことで、雑草の根っこが枯れ、レーキで簡単に取り除ける状態になる。そろそろ「予定地」ではなく“H2O Farm”と呼ばせていただく。

工程的にはまだ草取りの途中なのだが、ここにH2O Farmの誕生を宣言したい。

ちなみに作業前の状態がこちら。草刈り機やマメトラがなかったら途方に暮れたことだろう。

後日、レーキで雑草を取り除いた。これにて草取り作業は完了。畑としてのスタート地点に立った。

◆土を耕す!

雑草を取り除いた地面を、あらためて耕す日がやってきた。草取りと同じようにマメトラを使用するが、その前に肥料を撒く。無農薬・化学肥料不使用でやりたいので、肥料は豚糞を完熟させたものを使うことに。

320平米もの畑となると、肥料の量もかなりのもの。

肥料は豚糞。完熟させているので、ほとんど臭いもなく楽しみながら撒くことができた。

畑全体に、手作業で肥料を撒いていく。均等に散らして撒くのはコツが必要だった。ちなみにこのスタッフは「一畳菜園」の担当者。存分に手足を伸ばして作業できる喜びを噛み締めている。

肥料を撒き終えた部分から、マメトラが土を耕していく。草取りから参加したスタッフはマメトラの扱いにすっかり慣れており、作業はいたって順調。この日は草取り以上の作業量があったのだが、参加スタッフが多いこともあり2時間程度で作業は完了した。

草取りにつづいて、この日もマメトラが大活躍。肥料を土に混ぜ込んでいく。

エンストしても自力でリカバリ。「扱いにすっかり慣れた」は誇張ではない。

耕したばかりの畑に小鳥が遊びにきた。やはり無農薬でやりたいと決意を新たに。

休日に体を動かすのは本当に気持ちがいい。スポーツもいいが、農作業でかく汗はまた格別だと感じた。

あとは作物を植えるだけ、という状態になった「H2O Farm」。何を育てるかは徐々に明らかにしていく。

 

農地開拓に悪戦苦闘するスタッフの様子をご覧ください!

 

◆お世話になる『ひより農園』さん

埼玉県飯能市の「メッツァビレッジ」内、ひより農園直営ショップ「VEGE TOWER(ベジタワー)」では新鮮な固定種野菜を販売。無農薬、化学肥料不使用のこだわり野菜をどうぞ。
「VEGE TOWER(ベジタワー)」
https://metsa-hanno.com/guide/167/

ひより農園公式サイト
http://hiyori-farm.goodplace.jp/

 

STAFF CREDIT
Photography:Hiroyuki Tomimori,Minoru Akiba
Writing:Minoru Akiba
Special Thanks:HIYORI-FARM

Contents RELATED