退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

明日どこ行く? 何を釣る? フライフィッシング体験記 09

2018.12.17

好きこそ物の上手なれ! フライフィッシングに心を魅了されたOVER30(オーバーサーティ)の釣り日記。実際に釣りにいった釣果報告はもちろん、ギア紹介やフライ作り(タイイング)まで四季を通してフライフィッシングの魅力をお伝えしていきます。

釣り場に到着すると川霧、あちこちでライズあり! これは釣果が期待できそう!!

釣り場の臨場感を伝えたい! そんな思いから動画撮影を試みた前回。というわけで、今回も来シーズンに向けて、渓流がシーズンオフの間に色々と試してきました。
その第2弾がドローン! 近場でフライト可能、この時期でも釣りのできる川という事で越辺川にいってきました。水面ギリギリからの様子、都会ではなかなか見ることのできない風景を撮ってきましたので是非チェックしてみてください! この記事の下のほうに動画を貼っておきます!!

今回の釣り場は埼玉県にある越辺川。この日の天候は晴れ、気温が13~19℃。水温は18.4℃でした。

使用するフライはブラッシー。初めて使うフライなので、期待と不安が入り乱れる。

川の水は透き通っていて、とても綺麗! 季節は冬、外遊びは寒いですが、まだまだ釣りを楽しみますよ!

ライズがあると時は魚が餌を探している(水面を意識して見ている)ので、ここは予定を変更して、いつものようにパラシュートフライを使って獲物を狙います! 用意していたブラッシーは川の様子、釣果の経過をみながら変更予定。

綺麗なオレンジ色のヒレのオイカワ。

シーズン終盤、大きく育ったカワムツ。この日の釣果はオイカワ30匹、カワムツ1匹でした。

今回使用したギア : 竿/ECHO社 GLASS 6ft3in #2、リール/Hardy社 UltraliteFWDD1000、糸/8X(0.3号)、フライ/パラシュートタイプ、ブラッシー。

 

 

富森浩幸(トミモリ ヒロユキ)
フォトグラファー。アパレルのカタログを筆頭にファッション誌やライフスタイル誌まで幅広いジャンルで活躍中。フライフィッシングに出会い“趣味に生きる愉しみ”に目覚めたとか。

Contents RELATED