退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

フォトグラファー藤巻健治、今月のベストバイ/ロック付きミニカラビナ

2019.05.10

THE BLUE HEARTSの「夢」じゃないけれど、いくつになっても「あれも欲しい、これも欲しい」と思う気持ちは変わらない。そんな買い物が大好きなOVER30(オーバーサーティ)の皆さんに読んでほしいのがこのコーナー。フォトグラファー藤巻健治が実際に気になるアイテムを自費で購入! 実際に手にして、使ってみたアイテムの中から、本当に良いと思ったアイテムだけを厳選してご紹介。今月のベストバイアイテムはコレだ!!
商品名:NITEIZE S-BINER MicroLock(¥1,000円前後)

痒いところに手が届いたロック付きミニカラビナ!

今回は、カラビナ(ロック付き)のご紹介です。
これまでボクは普通のカラビナタイプをキーホルダーとして愛用していたのですが、気づいたらポケットの中で鍵が外れてしまっていることが多く、いさ鍵を使用する時に「ドキッ」としたことが何度もあったんですね。

取り外しも簡単だし、サイズも豊富で気に入って愛用していたのですが、「これはいつか鍵を紛失する可能性があるな……」と思い、何か対策はないかと調べていたところ、「ロック機能」のついたカラビナの存在を知ったというわけなのです。

こんな便利なアイテムがあるんだと感動しつつも、実際に(ロックなしを)使ってみないと分からない問題と向き合うことで、改めて何事も自分で試してみることの大切さも再認識することが出来ました。

昔は、分かりやすいブランドロゴが入っていたり、目を惹く特徴的なデザインのキーホルダーを使っていましたが、嵩張ってポケットが膨らんでしまったりムダに高価だったり、僕的にはキーホルダーという機能で考えると、これで十分だという結果に至っています。

とにかく便利、そしてスマート&コンパクト、これがボクのモノ選びのベースなので、それを満たしているこのNITEIZEは、今後も気になるブランドの一つとなりそうです。

必要な機能以外ムダのないシンプルなデザイン。

アウトドアファンにはおなじみのS型カラビナの中心にレバーが付いており、ひねるだけで容易にロックの開閉をすることが出来ます。

ロック解除の状態。

ロックの状態。レバーが開閉部の衝立となり開けることが出来なくなる仕組みです。

このサイズなので、ポケットの中でも嵩張りませんし、バッグの中に入れてもカラビナでどこかに引っ掛けておけば、すぐに見つける事が出来ます。

2個セットだったので、もうひとつはチョークバッグのベルトの金具として。因みにシルバーの方は、S-BINNERのロックなしバージョン。

裏面の写真のように、カテゴリー毎にS-BINNERをつけて、使用目的に合わせて組み合わせるなどという事も可能です。

 

藤巻健治(フジマキ ケンジ)
フォトグラファー。アウトドア雑誌からアパレルのカタログまで幅広いジャンルで活躍中。趣味はボルダリングにキャンプ。百聞は一見に如かず、何事も自分でチェックして納得したものを手に入れたい、そんな思いからこの連載をスタート。
http://kenji-fujimaki.com

Contents RELATED