退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

フォトグラファー藤巻健治、今月のベストバイ/露出計(ライトメーター)

2020.06.29

THE BLUE HEARTSの「夢」じゃないけれど、いくつになっても「あれも欲しい、これも欲しい」と思う気持ちは変わらない。そんな買い物が大好きなOVER30(オーバーサーティ)の皆さんに読んでほしいのがこのコーナー。フォトグラファー藤巻健治が実際に気になるアイテムを自費で購入! 実際に手にして、使ってみたアイテムの中から、本当に良いと思ったアイテムだけを厳選してご紹介。今月のベストバイアイテムはコレだ!! 商品名:LUMU LUMU POWER 2 PRO 参考価格:$499 ※H2O Style調べ

カラーメーター機能搭載! 革命的な露出計がアツイ!!

全国、いや、世界中のフォトグラファーの皆様。ものすごいプロダクトを発見してしまいました! ちょっと興奮気味です(笑)

今回、ご紹介するのはライトメーター。写真を撮影する際、光の量を測る露出計です。プロはもちろんですが、ハイアマチュアフォトグラファーにとってもお馴染みのアイテムですが、写真にあまり興味がない人たちには露出計?? 状態ですよね(汗)
でも、テレビドラマなどで見たことがある人は多いと思うんです。スタジオでモデルさんを撮影するシーンなどで、モデルさんの前で何やら測っている「アレ」です(わかってもらえました??)。

フォトグラファーにとっては、プロを志したら必ず購入するアイテムなんですが、正直、マニアックと言うかニッチな商品なので手掛けるメーカーも少ないこともあり、機能もアナログの針からデジタル(液晶)になった程度で、基本的な形は何十年も変わってないし、僕がプロを志した日から今日まで、あまり進化を感じない、そんなアイテムだったんです。

ところが、数年前にスロベニアのLUMUというメーカーが、iPhoneのLightningコネクタに取り付けられる露出計を発表。正直、この手の商品はお洒落だけど、プロの精度には耐えられない物が多い印象だったので、人柱感覚で試しに購入してみたのですが、これが実際に使用してみると、測定値も正確で素晴らしい商品でビックリ!
「露出計」としては、強気の値段設定だったこと、信頼性も未知数だった為、何年か実際に使用して、どこかで使用レポをレビューしたいと思っていました。

そんなとき、外観はそのままに、僕らにとっては「夢」の機能が追加され、パワーアップしたニューモデル「LUMU POWER 2 PRO」が発売! というわけで、満を持して、その魅力をお伝えしたいというわけなのです。

その「夢」の機能とは「カラーメーター」機能の搭載! カラーメーターは、フラッシュメーターと似た形状の「色(温度)」を測るものなのですが、単体で購入すると15万円くらいするする高価なもの。駆け出しのフォトグラファーでは「欲しいけど……手が出ない……」アイテムで、実際、僕も、駆け出しから数年間はレンタルに頼っていましたからね(苦笑)。

露出計としてのパフォーマンスは文句なし! そこに待望のカラーメーターを搭載ですからね……。この二つの機能を併せ持ち、価格も$499のロープライス! iPhone愛用者ならカメラバッグにレンズをもう一本追加できるくらいの省スペース化にもなるし、まさにいいこと尽くし。

プロの方はもちろんですが、これからプロのフォトグラファーを目指している方も、チェックしてみてください。まさに神コスパ! という表現がピッタリのアイテム、本当にオススメですよ。

シンプルなダンボール製の外箱。既にコレだけで好感が持てます。

発送先は世界を視野に入れているからなのか、本体を完璧に保護する素晴らしい梱包デザイン。

アプリダウンロード済みのiPhoneに本体を接続すると自動的にアプリが立ち上がります。

露出計の精度も、2年程使いましたがかなりのモノです。

本体を裏返すとカラーメーター機能に。今回のPROバージョンで遂にフラッシュ対応になり僕の中では完成形となりました。

付属のレザーケース。シンプルながらも、コネクタ部分など配慮されたデザイン。

ボタン類は一切なく、ロゴ、フォントもスタイリッシュ。そのデザイン、機能性からアップルストアでも取り扱われているみたいです。

 

藤巻健治(フジマキ ケンジ)
フォトグラファー。アウトドア雑誌からアパレルのカタログまで幅広いジャンルで活躍中。趣味はボルダリングにキャンプ。百聞は一見に如かず、何事も自分でチェックして納得したものを手に入れたい、そんな思いからこの連載をスタート。
http://kenji-fujimaki.com

Contents RELATED