退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!

H2O Style

ライトアップされた幻想的な世界へ散策に出かけよう!

2019.04.01

桜の開花宣言と共に日増しに暖かくなり、新緑の眩しい季節がすぐそこまできています。そこで『H2O Style』からちょっと変わった休日の過ごし方をご提案いたします。

「銀ブラ」もいいけれど、インスタ映えを狙うなら「飯ブラ」でキマリ!

普段とはちょっとだけ違うことをしてみよう! というわけで“退屈な日常にちょっとだけ刺激を!!”がコンセプトの『H2O Style』。今回提案するのは散策です。しかも、ただの散歩ではありません、散歩をする舞台は夜! そう散歩の概念を打ち破る!? 夜の散歩を楽しんじゃおうというわけなのです。

えっ! 夜に散歩?? と驚くのは当然ですよね。でもね、そんな夜の散策にピッタリの場所が埼玉県飯能市にあるんです。

爽やかな風や木漏れ日を感じながら誰もがゆっくりとくつろげる空間として、近隣の人たちにとって憩いの場となっている「トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園」は、きのこの家や森の家など個性的な建物と自然が不思議と調和し童話の世界の中に入り込んだような世界観を体感できる人気スポット。

そんな素敵な公園が、この春から開園以来初となるライトアップをスタート! 昼の顔とはまた異なる、光と闇の入り混じった幻想的な空間は、訪れた人の心をワクワク・ドキドキさせてくれるのはもちろん、新しい発見や素敵な出会いが待っているはず。次の週末は、大切な人と夜の公園へ散策に出かけてみてはいかがでしょう。

 

手前に光るオブジェ、実は月をイメージした光るベンチ! もちろん座ってOKだ。

ムード溢れる園内はデートスポットとしてもオススメ。

光りの美しさだけでなく、豊かな闇の魅力を体感できる。

◆夕方
まるで北欧の公園にでもいるかのような雰囲気。

◆夜
ライトアップによって、幻想的な空間(公園)に!

 

園内には桜をはじめ沢山の花や木々が。

撮影ポイント(全6カ所)には写真のような表示板が! これでインスタ映え間違いなし!!

公園内を散策していると、目の前にカエルさんが!?

その名の通りきのこをモチーフにした「きのこの家」。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園ライトアップ
埼玉県飯能市大字阿須893-1
開園時間/9:00~17:00
月曜定休(月曜祝日の場合、その翌平日)
※土日祝日は開園時間を延長、土日祝日は日没~21時(予定)でライトアップを実施
駐車場 あり(無料)
https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

 

STAFF CREDIT
Photography:Takaaki Tsukahara
Writing:H2O Style